自然素材の家 癒しの健康住宅
シックハウス症候群とは
住居内での室内空気汚染に由来する様々な健康障害を 総称して、シックハウス症候群と呼びます。

住宅の高気密・高断熱化が進み、新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内 空気が化学物質などに汚染され、そこに住まう人の健 康に悪影響を与えてしまうようになってしまいました。

シックハウス症候群は原因も症状も多種多様で、ひと つの原因やひとつの症状、ある一面からの定義だけで は正しく理解することができません。

発症のメカニズムなど、まだまだ未解明な部分も多く あります。
シックハウス症候群ime
シックハウス症候群の原因
シックハウス症候群というと、新築やリフォームをしたときだけの問題で、住宅を建てるときに使用され る建材からの化学物質だけが原因と思われがちですが、建材以外にもカーテンやじゅうたん、家具などから揮発する化学物質や、日常生活用品、ダニやカビなど様々な原因によって室内空気が汚染されています。

シックハウス症候群の要因には以下のようなものが挙げられます。

■建材から揮発する化学物質
化学物質を含有・添加した新建材が多用され、そこから揮発する化学物質によって室内空気が汚染されてしまっています。壁紙、接着剤、合板、塗料などあらゆる建材が室内空気汚染の原因になっています。

■家具などから揮発する化学物質
じゅうたんやカーテン、家具からも化学物質は揮発しています。接着剤や難燃剤、防虫剤など様々な化学 物質が用いられています。

■換気不足
住宅の高気密・高断熱化が進みましたが、換気対策が遅れたために、室内空気汚染の原因となってしまっ ています。計画換気の必要性への認識が不足しています。

■ダニ・カビ
高湿度で結露を起こしやすい住宅では、ダニ・カビが発生しやすくなってしまいます。ダニやカビによる アレルギーなど、健康に悪影響を与えています。

■体質の変化
アレルギー体質の人や化学物質に過敏な体質の人が増えています。またストレスなどの心理的要因なども、 シックハウス症候群の原因ひとつではないかと考えられています。

■日常生活用品
化粧品やタバコ、スプレー類、防虫剤、暖房器具などの日常生活用品から発生する化学物質も原因となり ます。
シックハウス症候群の原因となる化学質
室内には様々な発生源から多種多様な化学物質が放出されています。

その中で、どの物質が症状を引き起こすかについては、その部屋での各化学物質の濃度や、化学物質に対する感受性の個人差があることなどから、一概に言えません。

厚生労働省では、室内空気の実態調査において特に高濃度で検出された化学物質から順に、望ましい環境の目安として室内濃度指針値を定めていますので、参考にしてください。
揮発性有機化合物
主な用途
室内濃度指針値
ホルムアルデヒト 接着剤、防腐剤 100μg/㎥(0.08ppm)
トルエン 塗料溶剤 260μg/㎥(0.07ppm)
キシレン 塗料溶剤 870μg/㎥(0.20ppm)
パラジクロロベンゼン 防虫剤、芳香剤 240μg/㎥(0.04ppm)
エチルベンゼン 塗料溶剤 3800μg/㎥(0.88ppm)
スチレン プラスチック・ゴム合成原料 220μg/㎥(0.05ppm)
クロルピリホス 防蟻剤 1μg/㎥(0.07ppb)
但し、小児の場合
0.1μg/㎥(0.007ppb)
フタル酸ジ-n-ブチル 可塑剤 220μg/㎥(0.02ppm)
テトラデカン 塗料溶剤 330μg/㎥(0.04ppm)
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 可塑剤 120μg/㎥(7.6ppb)
ダイアジノン 殺虫剤 0.29μg/㎥(0.02ppb)
アセトアルデヒド 接着剤、防腐剤 48μg/㎥(0.03ppm)
フェノブカルブ 殺虫剤 33μg/㎥(3.8ppb)
ppm、ppb表示は室温25度の場合。ppmは百万分の一、ppbは十億分の一
シックハウス症候群の症状
症状
シックハウス症候群の症状は個人差が大きく、非常に多岐にわたります。
また、不定愁訴と言われるような、本人にしか自覚できない症状が多く、自律神経失調症や更年期障害、風邪、精神疾患などと間違われてしまうこともよくあります。

はっきりとした症状を示さなかったり、次々と症状が移行していくことも多く、なんとなく調子が悪いなと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気付かないことがよくあります。
ページの先頭に戻る
COPYRIGHT (C) 2010 WORLD PLANNING Co,.LTD. ALL RIGHTS RESERVED.